FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンス (Gans)

gans_1.jpg

(-)
制式名称:Panzer Aufklärungs SK602

シュトラール軍の無人装甲二脚歩行偵察機。
月面での偵察任務用に採用されたガンスは、予想以上の性能を示し、大量に配備されることが決定した。生産はシュトラール本国で行われ、高速輸送艦により月軌道上にまで輸送された後、各月面基地に振り分けられた。
月軌道上から基地までは連絡艇や無人輸送コンテナといった無武装の低速船が使われることが多く、何隻かは傭兵軍の月面襲撃部隊の空襲に運悪く巻き込まれ、積荷ごと撃沈されてしまった。その中の1隻が完全破壊を免れ、傭兵軍に捕獲された。積荷には50機のガンスが含まれていた。その後、傭兵軍の支配地域へと牽引されていた輸送艇は、シュトラール軍の軌道迎撃部隊によって再捕獲されることになった。
月面司令部は再捕獲した積荷の中に含まれていたガンスの処遇に苦慮した。少なくとも2機のガンスのAIや電子装置にアクセスした痕跡があったからである。高度に無人化の進んでいた月面部隊にとって、そのネットワークに異物が混じることは致命的な問題となる。再捕獲機が狡猾な傭兵軍によって、情報網を破壊するためのウィルス爆弾となっている可能性もあり、月面や近い地域でAIの解析や機体の破壊を行うこともできなかった。そのため、再捕獲機はすべて地球に輸送されることになった。
機体を受け取った欧州方面軍は、優秀な偵察機を廃棄処分にするのを惜しみ、技術情報局との協議を重ね、通信網にアクセス制限を施すなどの改造を行うことで配備を可能とした。
地上で必要としない緊急用推進エンジンとプロペラントタンクを取り外し、代わりに自衛用の左右各3基のシュレックを搭載した。無防備であった頸部と脚付け根には、破片避けの装甲板が追加装備され、チャフ・スモークディスペンサーも頭部に装着された。
改造ガンスはクレーテの代わりとして装甲捜索大隊に配備された。新型の偵察装置とAIは威力を発揮し、ノイ・スポッターより高い耐久度は、有益な情報を持ち帰ることを可能とした。欠点は、ノイ・スポッターのように分析記憶ユニットを持たず、ネットワークへのアクセスも制限されているため、情報の蓄積に制限があることと、武装を持つためAIが強引な行動を行ってしまうことであった。
50機の改造ガンスは数週間で消耗したが、機材の高性能に満足した地上部隊は改造ガンスの再配備を要求した。そこで輸送中の月面ガンスのうち100機が緊急改造され、地上に送られることになった。
改造ガンスは「陸戦ガンス」と呼ばれるようになった。

(マックロ本2が見ツカリマセン)

マシーネンクリーガー 陸戦ガンス (1/20スケールプラスチックモデル)マシーネンクリーガー 陸戦ガンス (1/20スケールプラスチックモデル)
(2008/12/18)
Wave

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。