スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傭兵軍

(ようへい・ぐん)

地球独立臨時政府によって編成された、傭兵部隊。
事実上の地球独立臨時政府軍である。
基礎となったのは、シュトラール軍に雇われていた三個大隊の外人部隊で、集団脱走後、傭兵軍として地球独立臨時政府に雇われる。
中核となった外人部隊隊員は独自のコネを使って傭兵をかき集め、シュトラール軍に匹敵する戦力を有することになる。
一時は地球全土を勢力化に置いたが、シュトラール軍が正規部隊を投入するに至ると、戦況は一進一退の展開に。

独自の兵器開発・生産拠点を持ち、シュトラール軍の兵器のコピーやAFS等の開発・生産を行っている。
開発兵器は当初はドイツ語系の形式名称が付けられていたが、AFS開発後は英語系の形式名称となる。

傭兵だけあって、兵士の出身星は様々であり、人種も多種多様である。
女性兵士も少なくない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。