FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーAFSプロトタイプ

afs_3.jpg

(-)

傭兵軍陸軍総司令部より出されたAFS後継機の開発指示に従い、兵器開発局が開発した試作AFS。
ナッツロッカー戦を想定して、エクサイマ高出力レーザーを装備している。機体構造はAFSのものを踏襲してはいるが、高出力のエンジンを搭載し、駆動部もそれにあわせて強化されている。最初の試作機は、完全装甲化された胴体にはめ込み式の覗き窓を持っていたが、視界が著しく制限されるために、左右に覗き窓が追加された。
開発局試作機は、2884年9月に様々な組織が作った十数機の試作AFSによって行われたトライアルに参加した。実戦形式で行われたトライアルにおいて、開発局試作機は持ち前の機動性を発揮して攻撃をかわし続けたが、AFSとあまり変わらない装甲防御力が仇となり、わずかな被弾のためにリタイアを余儀なくされた。
しかしながら、試作機の機体構造と機動性は大きく評価され、トライアルを唯一生き残ったシュパンダウ工科大学の試作機が装備していた複合装甲と間接視認システムを組み込み、スーパーAFSが開発されることになる。後に兵器局試作機はスーパーAFSプロトタイプと呼ばれることになる。
若干数が生産されたSAFSプロトタイプは各種実験に使用された後、損耗したAFSの補充用として世界各地の戦場に送り出された。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。