スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェリーの設定 再考

 ナッツロッカーに対抗する新型装甲服の開発を行っていた傭兵軍陸軍中央工廠開発部は、要求を満たす為に苦戦していた。
 新兵器に求められたのは、ナッツロッカーに打撃を与えられるだけの火力と、ナッツロッカーの攻撃に耐えうる防御力であった。しかも、開発部への要求には「既存の技術力で開発・生産可能なもの」という付帯条件が付けられていた。
 開発開始時点でナッツロッカーに打撃が与えられる兵器としては、ドールハウスが搭載する182mmロケット弾か、歩兵部隊で使われている8cm中間赤外線重レーザーガンしかなかった。182mmロケット弾はランチャーと照準・誘導システムが巨大であったために問題外となり、重レーザーガンしか選択肢は残らなかった。
 重レーザーガンは重火器分隊5名によって運用されるもので、銃本体とバッテリーなどの機器すべてを合わせると100kg近い重量があった。当然AFSに搭載することは不可能であり、小型化は「既存の技術を使用」という条件に合致しなかった。
 そこで開発部は新兵器の構造を「装甲服」にすることを諦め、装甲服と同等の機動性を持つ小型の戦闘ユニットにすることにしたのである。
 開発部が目を付けたのは、地球の入植地では標準的に使われていた二足歩行トラクター「エンテ」であった。エンテは、車輌の使えない地域で、物資の輸送と、前部に装備されたマルチマニュピレーターによる農土木作業などに使われていた。非常に信頼性も高く、不整地突破能力・搭載量にも問題はなかった。
 さっそくエンテの改造が行われた。メインフレームはそのままに、操縦席とエンジンを覆う装甲板が取り付けられた。操縦席の下部には燃料タンクとレーザーガンの動力システムが搭載された。前部のマニュピレータは残され、サーチライトの代わりに多目的光学シーカーが装備された。重量の増加に対応するためにエンジンが換装されたが、脚駆動部は元々余裕がある設計だったためかほぼ無改造でよかった。
 こうしてエンテは武装化され「HAFS」の名で、傭兵軍の新兵器採用トライアルに参加することになったのである。
 トライアルの結果、シュパンダウ工科大学を中心とする開発チームによって作られたSAFSに敗北したが、同等の性能であることが評価され、SAFSの生産が安定するまでの間を埋める兵器として生産されることになった。HAFSはじきに「ジェリー」と呼ばれるようになった。
 そこで問題が発生した。エンテを製造・販売していたニーベルンゲン社からパテント侵害のクレームが入ったのである。ジェリーを構成するパーツの60%近くはエンテのコピーであり、バランサーと脚部の駆動システムはニーベルンゲン社が特許を取得していたものであった。
 戦時状態とはいえ、他社のパテントを侵害することは問題であった。傭兵軍の機材の多くは地球外の企業より購入しており、それら企業とのトラブルは戦争継続に重大な影響を及ぼすことになる。
 ニーベルンゲン社と傭兵軍による協議の結果、賠償金の代わりにジェリーの設計に関する情報が提供されることになった。ニーベルンゲン社としては、エンテのパーツが流用できる兵器システムは、金を持たない小国の軍隊が喉から手が出るほど欲しいものであり、マーケットとしては十分採算が採れるものであった。
 早速ニーベルンゲン社は新型二脚歩行戦車の売込みを開始した。顧客は多岐にわたり、その中にはニーベルンゲン社が居を構えるシュトラール共和国国防軍も含まれていた。
 シュトラール国防軍は、地球戦線で傭兵軍の新兵器AFSと戦うための装備を欲していた。対AFS兵器であるナッツロッカーは無人兵器であり、有人部隊による誘導を必要としていた。PK40やホルニッセによる空中誘導が行われていたが、天候不良の場合や、航空機による誘導が不可能な地域ではナッツロッカーの有効利用ができなかった。車輌ではAFSのカモであり、シュトラール軍の装甲服PKAでは、地上での戦闘能力と機動性に問題があった。
 そんなシュトラール軍にとって、エンテをベースとした有人歩行戦車は魅力的であった。同様の目的で使用するためのクレーテをベースとする多目的歩行作業車(のちのカングール)の開発は行われていたが、完成は半年以上先であり、今すぐ手に入るのであれば、これを使わない手はなかった。
 ニーベルンゲン社はシュトラール軍のPKAを開発・生産しているメーカーであり、歩行戦車のシュトラール軍仕様への変更はさほど時間がかからずに完了した。85年3月には最初の生産機が引き渡され、翌月には部隊配備が始められた。シュトラール軍は歩行戦車にJKA「フロウ(蚤)」と名づけた。
 ジェリーは持ち前の装甲と走破性能を生かして偵察部隊で主に使われたが、フロウはナッツロッカーの有人指揮機として使われた。双方ともに戦場で遭遇し、交戦することもあったが、双方ともに「捕獲された機体を相手側が使っている」としばらくの間信じていた。
 戦争の激化に伴い、AFS部隊や歩兵部隊に同伴する爆発兵器による火力支援機の必要性に迫られた傭兵軍は、当初はギャップを埋めるための兵器であったジェリーの改良・再生産を決定した。戦場では不要と判断されたマニュピレータは排除され、その代わりにSAFSに搭載されているのと同型のエクサイマレーザーガンが搭載された。これにより重レーザーガンは下ろされ、その場所には、汎用性の高い100mm3連装ロケットランチャーが搭載された。この100mmロケット弾は、言わば銀河標準と言っていいほど、「どこにでもあるありふれた」「信頼性が高く」「性能も問題の無い」兵器であった。(※注1)
 これらの改良にはニーベルンゲン社が直接関与していた。そのため機体各部に装備された増加装甲板はシュトラール軍のものと同規格品であった。改良されたジェリーは、F.2「スーパージェリー」として制式採用され、火力支援やそれまでと同様強攻偵察に使用された。
 もちろんニーベルンゲン社はただでスーパージェリーの開発を手助けしたわけではなかった。改良データは社に渡され、同社の歩行戦車もバージョンアップされた。しかし、エクサイマレーザーガンは傭兵軍の機密兵器でありスーパージェリー以外への搭載は成されなかった。
 当然シュトラール軍も自軍のフロウのバージョンアップを行った。改良点はスーパージェリーと同様であったが、視界の確保が優先されたため、大型のバブルキャノピが採用された。すでにシュトラール軍には有人指揮機として運用できるPKAグスタフや有人型ナッツロッカーが配備されていたため、フロウは地上部隊の火力支援機として使われることになった。機体各部は装甲が強化され、エンジンもさらに高出力のものが採用された。ロケット弾ランチャーも左右に装備された。最大の問題であったレーザーガンも、シュトラール軍はすでにエクサイマレーザーのコピー(傭兵軍は当然の事ながらパテントなんて取っていなかった!)に成功しており、外装部もスーパージェリーの設計そのままに搭載されることになった。
 強化されたフロウは、JKA Ausf E「ギガント・フロウ(巨大蚤)」と名づけられ、生産完了後すぐにフロウを装備している部隊に配備された。
 ここに至り、傭兵軍・シュトラール軍ともに、両軍共に同じ兵器を使用していることに気づいた。戦場では誤認や誤射が相次ぎ、前線部隊はいかにして識別するかを苦慮することになった。
 ジェリー/フロウの設計は、その後両軍ともに別個に進化することになった。傭兵軍はニーベルンゲン社と改めて契約を行い、ライセンス料を支払うことで駆動システムを独自開発した兵器に組み込むことが可能となった。これによりSAFSのボディシェルを組み込んだ「ゴブリン」が開発された。対するシュトラール軍も、基がエンテであるため拡張に限界があることを考え、新たにフレームを新設計したJKA Ausf G「グライフ」を開発したのである。


(ウェーブ スーパージェリー/ギガントフロウの発売により、新設定が出たので、それの辻褄合わせのたたき台)
注1:RPG-7のような兵器ということ。
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。