スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PKA Ausf H ハインリッヒ・バリエーション

pka_2.jpg


シュトラール軍初の装甲戦闘服であったPKA H型には、地球独立戦争時および戦後にわたって様々なタイプが開発された。

●PKA Ausf H2
H0およびH1の生産工程を見直し、パーツおよび工程数を減らした生産性向上型。
ホルニッセ搭乗能力を有し、マストマウンテッドサイトを標準装備している。
外見上、H0/H1との区別は無い。

●PKA Ausf H4
地上戦用型の装甲強化タイプ。セラミック耐熱装甲を、カーボン・アラミド系樹脂でサンドイッチし、実体弾に対する耐久性能を向上させた。
キャノピ下部には防弾ガラスが装備され、外見上の特徴となっている。

●PKA Ausf H6
ホルニッセ搭乗型の再設計タイプで、戦争末期から戦後初期の量産型となった。
装甲はエクサイマレーザーに対して、それなりの耐久性持つ樹脂・セラミック系に換装され、増加した重量に対応するため、エンジンも強化された。エンジンの外装部は大幅に形状が変わっている。
腕部・脚部ともにG型とのパーツの共通性を高める為に、形状が今までのものと異なっている。
一部の機体には、G型と同系のセンサユニットを機体前部に装着している。

●PKA Ausf H8
H6改修した工兵型。キャノピは防弾板に換装され、機体主装甲には耐衝撃性の高い樹脂系装甲が増設されている。
マニュピレーターは延長され、機体各部に作業用カメラが増設されている。

●PKA Ausf H11
H6のエンジンを換装し、地上での行動力を向上させたタイプ。地上用に転用されたものは、キャノピ下部に折りたたみ式防弾板を装備している。

●PKA Ausf H12
PKAの装甲防御力を大幅に向上させるため、ボディシェルをK型のものに換装、エクサイマレーザガンを装備したタイプ。
エンジン換装テスト用に作られたH7をベースに、試験的に数機が作られ、大戦末期に戦場試験が行われた。結果は満足いくものであったが、生産コストがG型並となったために本格生産は見送られた。

●PKA Ausf H16
PK41の性能向上型であるPK44の生産開始に伴い、PK44に対応するために機体背部の形状を変更、操縦系統を更新したタイプ。
生産は2888年より始められ、戦時中に生産されたH型と随時更新された。

●PKA Ausf H20
H16の生産簡略型で、植民星の警察部隊向けに大量生産された。ホルニッセ搭乗能力は持たない代わりに、センサ・光学系が強化された。

●PKA Ausf H22
H型の最終生産型。H16の性能向上型で、機動性能・センシング能力などはG型に匹敵するまでとなった。ボディシェルの容量が限界に達した為、これ以降の改良は行われなかった。
2890年代半ばまで生産が続けられ、各種とともに2900年代になっても使用された。

(全部マイオリジナル設定。ワンフェスへの布石)
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。