スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-Boot

fboot.jpg

(えふ・ぼーと)
制式名称:

シュトラール軍の無人武装哨戒艇。
員数の少ない地球派遣軍の問題は、広大な支配地域や傭兵軍との競合地域でのパトロール任務に人員を割くことができないことであった。問題の解決のためにシュトラール軍は無人兵器を開発し、運用した。
しかしながら戦線が拡大すると、それまでの無人兵器では対応できない地域・環境でのパトロール任務の必要性が出てきた。
その一つが沿岸と極地の氷結した海洋地域であり、水面、砂地や岩礁、クレバスなどの地形はそれまでの歩行型無人偵察機材ではすべてに対応できず、無重力偵察機材も強風が吹き荒れることの多いこれらの地域では不向きであった。
そのために開発されたのが、ホバータイプの無人偵察車であった。新型偵察車は、強風下・高波下でも高速走行を可能とするために流線型の車体を持ち、ノイスポッター系のセンサ・分析ユニットを車体上部に固定式で搭載している。
ホバーエンジンは、海水や砂の吸引を防ぐために車体上部に吸気孔を開口している。一見防護上の弱点のように見えるが、可動式の装甲スリットを装備しており、射弾が直接飛び込まないようになっている。比較的小型の車体をナッツロッカーと同等の推力で動かすため、好条件下であれば120km/hの高速走行が可能である。
初期型は固定武装としてナッツロッカーのものと同型の中間赤外線レーザーカノンを搭載していたが、沿岸地域では減損が激しいため、すぐにエクサイマーレーザーカノンに換装された。搭載されたエクサイマーレーザーの出力は非常に大きく、傭兵軍の主力戦闘スーツであるSAFSを一撃で粉砕することが可能である。外装型の対船舶/潜水艦魚雷発射管を左右に1門ずつ装備することも可能で、海上哨戒任務などに使用される。
運用は2885年11月に開始され、同月末には、傭兵軍によりノルウェー方面で行われた上陸作戦をたった1輌で頓挫させるという大戦果をあげるなどの活躍を見せた。
傭兵軍はその形状から同車を「なめくじ野郎」と呼んでいる。

(ほとんどマイオリジナル設定)
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。