スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傭兵

(ようへい)

銀河連邦時代の傭兵は、種類や規模が様々なものが存在する。小は手荷物一つ身一つの個人傭兵で、大は独自の補給ラインを持つ傭兵会社である。
傭兵には戦闘技術の他に、組織を管理運営する能力も必要とされる。個人傭兵はそれが最も必要であり、スポンサーとの契約やチーム作り等が下手な傭兵は、組織の一員に収まることが多い。
チームリーダーとなった傭兵には、特権が与えられる。それは部下の給料を自由に決めることができることである。このため傭兵は少しでも高い階級を欲しがる。契約期間内でどれだけ部下の給料をピンはねして私服を肥やすか、が次回の契約までの間の生活に関わってくるのである。もちろん限度があり、余りに露骨にやると私刑を受けたり、場合によっては命を奪われることとなる。傭兵会社は会社形式をとっているために、所属する傭兵の生活は安定するが、一攫千金を望むことはできないのが実情である。
傭兵の仕事は多種多様であり、国家間戦争、民族紛争、国内の治安維持、敵性生物の駆除、戦地での建設作業などがある。個人や会社が傭兵を雇い、犯罪まがい、犯罪そのものを行うこともある。これらの汚れ仕事をする傭兵は、傭兵仲間の評判が悪い。

傭兵は基本的に階級を持たない。少人数のチームの場合は、リーダーとその部下であり、明確にする必要が無いからである。逆に会社の場合は、その組織内での順列があり、会社によってそれを示す名前は違う。
傭兵が階級を持つのは、依頼主が軍隊を持っていたり、警察組織といった治安組織が活動する地域に傭兵部隊を投入する場合である。これは現地の軍隊や警察の人間と、どちらが高い指揮権を持つかを明確にするためである。
普通の場合、最も高い階級は大尉であるが、複数の傭兵グループが雇われた場合などは、佐官級の階級が与えられることもある。これらは雇い主が決定することである。

(備忘録的内容)
スポンサーサイト

傭兵軍

(ようへい・ぐん)

地球独立臨時政府によって編成された、傭兵部隊。
事実上の地球独立臨時政府軍である。
基礎となったのは、シュトラール軍に雇われていた三個大隊の外人部隊で、集団脱走後、傭兵軍として地球独立臨時政府に雇われる。
中核となった外人部隊隊員は独自のコネを使って傭兵をかき集め、シュトラール軍に匹敵する戦力を有することになる。
一時は地球全土を勢力化に置いたが、シュトラール軍が正規部隊を投入するに至ると、戦況は一進一退の展開に。

独自の兵器開発・生産拠点を持ち、シュトラール軍の兵器のコピーやAFS等の開発・生産を行っている。
開発兵器は当初はドイツ語系の形式名称が付けられていたが、AFS開発後は英語系の形式名称となる。

傭兵だけあって、兵士の出身星は様々であり、人種も多種多様である。
女性兵士も少なくない。
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。