スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェリーの設定 再考

 ナッツロッカーに対抗する新型装甲服の開発を行っていた傭兵軍陸軍中央工廠開発部は、要求を満たす為に苦戦していた。
 新兵器に求められたのは、ナッツロッカーに打撃を与えられるだけの火力と、ナッツロッカーの攻撃に耐えうる防御力であった。しかも、開発部への要求には「既存の技術力で開発・生産可能なもの」という付帯条件が付けられていた。
 開発開始時点でナッツロッカーに打撃が与えられる兵器としては、ドールハウスが搭載する182mmロケット弾か、歩兵部隊で使われている8cm中間赤外線重レーザーガンしかなかった。182mmロケット弾はランチャーと照準・誘導システムが巨大であったために問題外となり、重レーザーガンしか選択肢は残らなかった。
 重レーザーガンは重火器分隊5名によって運用されるもので、銃本体とバッテリーなどの機器すべてを合わせると100kg近い重量があった。当然AFSに搭載することは不可能であり、小型化は「既存の技術を使用」という条件に合致しなかった。
 そこで開発部は新兵器の構造を「装甲服」にすることを諦め、装甲服と同等の機動性を持つ小型の戦闘ユニットにすることにしたのである。
 開発部が目を付けたのは、地球の入植地では標準的に使われていた二足歩行トラクター「エンテ」であった。エンテは、車輌の使えない地域で、物資の輸送と、前部に装備されたマルチマニュピレーターによる農土木作業などに使われていた。非常に信頼性も高く、不整地突破能力・搭載量にも問題はなかった。
 さっそくエンテの改造が行われた。メインフレームはそのままに、操縦席とエンジンを覆う装甲板が取り付けられた。操縦席の下部には燃料タンクとレーザーガンの動力システムが搭載された。前部のマニュピレータは残され、サーチライトの代わりに多目的光学シーカーが装備された。重量の増加に対応するためにエンジンが換装されたが、脚駆動部は元々余裕がある設計だったためかほぼ無改造でよかった。
 こうしてエンテは武装化され「HAFS」の名で、傭兵軍の新兵器採用トライアルに参加することになったのである。
 トライアルの結果、シュパンダウ工科大学を中心とする開発チームによって作られたSAFSに敗北したが、同等の性能であることが評価され、SAFSの生産が安定するまでの間を埋める兵器として生産されることになった。HAFSはじきに「ジェリー」と呼ばれるようになった。
 そこで問題が発生した。エンテを製造・販売していたニーベルンゲン社からパテント侵害のクレームが入ったのである。ジェリーを構成するパーツの60%近くはエンテのコピーであり、バランサーと脚部の駆動システムはニーベルンゲン社が特許を取得していたものであった。
 戦時状態とはいえ、他社のパテントを侵害することは問題であった。傭兵軍の機材の多くは地球外の企業より購入しており、それら企業とのトラブルは戦争継続に重大な影響を及ぼすことになる。
 ニーベルンゲン社と傭兵軍による協議の結果、賠償金の代わりにジェリーの設計に関する情報が提供されることになった。ニーベルンゲン社としては、エンテのパーツが流用できる兵器システムは、金を持たない小国の軍隊が喉から手が出るほど欲しいものであり、マーケットとしては十分採算が採れるものであった。
 早速ニーベルンゲン社は新型二脚歩行戦車の売込みを開始した。顧客は多岐にわたり、その中にはニーベルンゲン社が居を構えるシュトラール共和国国防軍も含まれていた。
 シュトラール国防軍は、地球戦線で傭兵軍の新兵器AFSと戦うための装備を欲していた。対AFS兵器であるナッツロッカーは無人兵器であり、有人部隊による誘導を必要としていた。PK40やホルニッセによる空中誘導が行われていたが、天候不良の場合や、航空機による誘導が不可能な地域ではナッツロッカーの有効利用ができなかった。車輌ではAFSのカモであり、シュトラール軍の装甲服PKAでは、地上での戦闘能力と機動性に問題があった。
 そんなシュトラール軍にとって、エンテをベースとした有人歩行戦車は魅力的であった。同様の目的で使用するためのクレーテをベースとする多目的歩行作業車(のちのカングール)の開発は行われていたが、完成は半年以上先であり、今すぐ手に入るのであれば、これを使わない手はなかった。
 ニーベルンゲン社はシュトラール軍のPKAを開発・生産しているメーカーであり、歩行戦車のシュトラール軍仕様への変更はさほど時間がかからずに完了した。85年3月には最初の生産機が引き渡され、翌月には部隊配備が始められた。シュトラール軍は歩行戦車にJKA「フロウ(蚤)」と名づけた。
 ジェリーは持ち前の装甲と走破性能を生かして偵察部隊で主に使われたが、フロウはナッツロッカーの有人指揮機として使われた。双方ともに戦場で遭遇し、交戦することもあったが、双方ともに「捕獲された機体を相手側が使っている」としばらくの間信じていた。
 戦争の激化に伴い、AFS部隊や歩兵部隊に同伴する爆発兵器による火力支援機の必要性に迫られた傭兵軍は、当初はギャップを埋めるための兵器であったジェリーの改良・再生産を決定した。戦場では不要と判断されたマニュピレータは排除され、その代わりにSAFSに搭載されているのと同型のエクサイマレーザーガンが搭載された。これにより重レーザーガンは下ろされ、その場所には、汎用性の高い100mm3連装ロケットランチャーが搭載された。この100mmロケット弾は、言わば銀河標準と言っていいほど、「どこにでもあるありふれた」「信頼性が高く」「性能も問題の無い」兵器であった。(※注1)
 これらの改良にはニーベルンゲン社が直接関与していた。そのため機体各部に装備された増加装甲板はシュトラール軍のものと同規格品であった。改良されたジェリーは、F.2「スーパージェリー」として制式採用され、火力支援やそれまでと同様強攻偵察に使用された。
 もちろんニーベルンゲン社はただでスーパージェリーの開発を手助けしたわけではなかった。改良データは社に渡され、同社の歩行戦車もバージョンアップされた。しかし、エクサイマレーザーガンは傭兵軍の機密兵器でありスーパージェリー以外への搭載は成されなかった。
 当然シュトラール軍も自軍のフロウのバージョンアップを行った。改良点はスーパージェリーと同様であったが、視界の確保が優先されたため、大型のバブルキャノピが採用された。すでにシュトラール軍には有人指揮機として運用できるPKAグスタフや有人型ナッツロッカーが配備されていたため、フロウは地上部隊の火力支援機として使われることになった。機体各部は装甲が強化され、エンジンもさらに高出力のものが採用された。ロケット弾ランチャーも左右に装備された。最大の問題であったレーザーガンも、シュトラール軍はすでにエクサイマレーザーのコピー(傭兵軍は当然の事ながらパテントなんて取っていなかった!)に成功しており、外装部もスーパージェリーの設計そのままに搭載されることになった。
 強化されたフロウは、JKA Ausf E「ギガント・フロウ(巨大蚤)」と名づけられ、生産完了後すぐにフロウを装備している部隊に配備された。
 ここに至り、傭兵軍・シュトラール軍ともに、両軍共に同じ兵器を使用していることに気づいた。戦場では誤認や誤射が相次ぎ、前線部隊はいかにして識別するかを苦慮することになった。
 ジェリー/フロウの設計は、その後両軍ともに別個に進化することになった。傭兵軍はニーベルンゲン社と改めて契約を行い、ライセンス料を支払うことで駆動システムを独自開発した兵器に組み込むことが可能となった。これによりSAFSのボディシェルを組み込んだ「ゴブリン」が開発された。対するシュトラール軍も、基がエンテであるため拡張に限界があることを考え、新たにフレームを新設計したJKA Ausf G「グライフ」を開発したのである。


(ウェーブ スーパージェリー/ギガントフロウの発売により、新設定が出たので、それの辻褄合わせのたたき台)
注1:RPG-7のような兵器ということ。
スポンサーサイト

G-ポーン (G-Pawn)

(じー・ぽーん)

傭兵軍の装甲戦闘服。
AFSの技術を基に開発された月面装甲戦闘服「ルナ・ポーン」は、装甲服である前に宇宙服であるため、着脱が比較的容易であった。これは気密性を高める関係上、機体の分割パートを減らして可能な限り一体化し、AFS Mk.IIの後期型より採用された機体前面へ分割ラインを持ってきたためであった。
パワーアシストもパワーは落ちるがバッテリー式として構造を簡略化、整備性の向上が図られた。
結果、生産コスト・資材の使用量を通常のAFSより大幅に減らすことに成功した。
生産コスト・資材使用量の減少は、装甲戦闘服の慢性的不足に悩まされてきた傭兵軍にとって、慈雨とも言えるべき出来事であった。
2886年当時、地球上では大量に投入されるシュトラール軍の無人兵器に傭兵軍は押され気味であった。主力機であるSAFSや、その他の新鋭機の能力向上を行い、数に対して質で対抗しようしていたが、有効な装甲兵器を持たない部隊が無人兵器の餌食となることが多く、現地司令官はどのような形でもよいので、装甲戦闘服の支給を求めていた。
そこで考え出されたのが、簡易式AFSであるルナ・ポーンの地上型への転用であった。
問題は生産ラインの確保であった。AFS自体の生産は、2885年初頭にほぼ総ての生産ラインをSAFSのものに転換したために終了しており、唯一稼動していた陸軍中央工廠のラインもポーラーベアの生産で埋っていた。
この生産ラインの問題は、衛星軌道上でのプラントが運転を始めた2886年初夏頃になってようやく解決した。ルナ・ポーンの生産が軌道プラントに移され、それまでのラインを転用できるようになったからである。
地上型機体は、ルナ・ポーンから月面運用用の機材を総て取り払い、代わりに地上用の機材が取り付けられた。転用された機材の多くは、生産が中止されていたAFS Mk.IIIのもので、初期ロットのものは、戦場から回収され、修理・整備後に補修機材としてストックされていたAFS Mk.Iのエンジンが搭載された。武装は、AFS Mk.IIIやルナ・ポーンに搭載されたエクサイマーレーザーガンと同型のものであったが、エンジンで発電される電力を利用できるように改良されたタイプを搭載しており、射撃回数もほぼ倍となった。
稼働時間も以前のAFSより長くなり、着脱のし易さ、整備性の高さなど、あらゆる面において、AFSの最終進化形と呼ぶにふさわしい出来栄えとなった。
2886年8月に生産された初期ロット100機が欧州の部隊に配備されたのを皮切りに、停戦まで約1200機が生産された。中期ロットからはエンジンがAFS Mk.IIのものに変更され、一部にはポーラーベアと同じタイプのものが搭載されている機体もある。
ルナ・ポーン譲りの気密性の高さは、沼沢の多い地域や、寒帯地域で作戦を行う部隊指揮官に大いに歓迎された。
(背部排気管にシュノーケルを取り付け、河を潜って渡る本機の写真は有名である)
こうして傭兵軍の装甲戦力の隙間を見事に埋めた地上型ルナ・ポーンであったが、なぜか停戦に至るまで制式名称が与えられなかった。兵士達はこの機体を「Gポーン」と呼んだ。

(Gポーン発売を記念して。いつものように勝手な設定を)
(2009/08/24  スペルミス修正。ご指摘ありがとうございます)

スネークアイ (Snake Eye)

seye.jpg

(-)
制式名称:SAFS Space type Step.2

傭兵軍の新型宙戦用装甲戦闘スーツ。
宙間戦闘に革命をもたらした宙間装甲戦闘スーツ「ファイアボール」であったが、SAFSに増設する形で装備を追加したため、各部で余裕が無い状態であった。背部の推進システムは無防備であり、センシングシステムに至っては近距離レーダーと光学センサしかなかった。パイロットの生存性も二の次で、ファイアボール(火の玉)の愛称も損害の多さを揶揄しているとも言われた。
そこで最初から宙間戦闘を目的とした新型装甲戦闘スーツが開発されることとなった。
新型機はSAFSのシルエットを踏襲しているものの、一部を除いてほとんどが新設計のパーツで構成されていた。フレームや駆動装置も無重力および低重力用にバランス変更されており、未調整での地上行動は不可能であった。操縦系統も宙間戦闘用に特化しており、腕部は軌道戦闘用の遠隔操作タイプと、月面戦闘用の通常操作(パイロットの腕を通して操作する)タイプの2種類を任務に合わせて交換することが可能なようになっていた。
無防備だった推進システムと推進剤タンクは装甲で覆われ、内部にできた空間に通信装置と広域レーダーが搭載された。間接視認システムはパイロット・ヘルメットにシステムを組み込み、ハッチには支援システムを入れるだけとして容量を確保し、空いた部分に多目的センサが組み込まれた。センサは流線型のバルジに納められ、増量した背中とのシルエット的バランスを取っている。
装甲は複合セラミックとナノ単位で編まれたカーボンプレートで構成され、レーザーに対する耐久性が大幅に高められた。装甲には耐熱・耐高エネルギー線塗料が分厚く塗布され、増加装甲の役目を担っている。
武装は新型の5.2cmPrg.56エクサイマーレーザーに強化された。この新型レーザーガンは、射程・火力ともにそれまでのものを上回り、シュトラール軍の軌道哨戒艇の主要装甲を一撃で破壊することができた。
2886年4月に試作機が完成し、地上テストでの各種テストの後、軌道に運ばれ、各種の評価テストを経て制式採用が決定された。制式名は「SAFS Spece Type Step 2」とされ、愛称は「スネークアイ」と決まった。愛称は、白い塗装のハッチの真正面に配置された赤いセンサーヘッドが、サイコロの1の目(サイコロ賭博の用語で、1のぞろ目は「スネークアイ」と呼ばれる)に見えることから付けられたと言われているが、真意のほどは定かではない。
生産は2886年6月からオーストラリアの傭兵軍工廠で開始され、随時軌道上に打ち上げられた。高位の司令部が配備を急かしたためであり、ファイアボール中隊の中隊長・小隊長機として配備された。初期の80機の機体は試作機と先行量産機を兼ねており、それぞれ各部の工作が異なり、同じ形の機体が存在しないと言われている。
スネークアイの配備時期は、ちょうどシュトラール軍の軌道戦力が充実してきた頃であった。フリーゲカウツに苦戦していた軌道戦闘部隊は、スネークアイの登場に息を吹き返し、互角の戦いを演じるようになった。
スネークアイの活躍に狂喜した傭兵軍首脳部は大量生産を決定したが、1機当りのコストがファイアボール数機分であり、精密な加工を必要とするパーツが多く、生産ははかどらなかった。さらにシュトラール軍がスネークアイの生産設備と輸送ルートを最重点目標として攻撃をかけてきたため、生産施設を分散配置しなければならなくなり、施設間の物資輸送やパーツの取りまとめに時間がかかり、夏になっても生産数は要求を大幅に下回り続けた。
それでも一旦軌道に上がったスネークアイは高性能ぶりを発揮し、数に勝るシュトラール軍軌道戦闘・月面部隊の攻勢を食い止めたのである。
停戦後も生産と配備は続けられ、2900年代に入っても多くの機体が各地で使用され続けた。

(記憶を頼りに書いたほぼマイオリジナル設定。ウチのマックロ本2はいったいどこにいってしまったんだろうか?)
マシーネンクリーガー S.A.F.S. Space type 2 スネークアイ (1/20スケールプラスチックモデル)マシーネンクリーガー S.A.F.S. Space type 2 スネークアイ (1/20スケールプラスチックモデル)
(2009/05/28)
Wave

商品詳細を見る

装甲猟兵

(そうこう・りょうへい)

「猟兵」とは、17世紀頃からヨーロッパの各国で編成された、その名の通り猟師や森林監視員などで編成された部隊で、小銃の扱いに長け、大規模な部隊では行動が難しい森などで機動戦を行う部隊であった。その名称はその後、特殊技能兵で編成されたエリート部隊を指す言葉となった。
シュトラール軍では、長年の伝統を受け継ぎ、エリート部隊に「猟兵」の名を冠していた。シュトラール軍の猟兵部隊は、空挺降下、山岳行動、爆薬、通信、医療、無重力下行動、極地適応等の各種特殊技能を持つ兵で編成され、その中でも対戦車能力を持ち、装甲兵員輸送車や歩兵戦闘車による機動力を有する部隊は「装甲猟兵」と呼ばれた。
同様の部隊に「装甲擲弾兵(そうこう・てきだんへい)」があるが、こちらは通常の歩兵であり、対戦車兵器の割合が少なく、特技兵の数も少ない。
PKAの部隊配備後、装甲戦闘スーツで編成される部隊も装甲猟兵と呼ばれた(例外としてPKAを装備する装甲擲弾兵部隊も存在する)。
これに対し傭兵軍も「装甲猟兵」部隊を持っている。傭兵軍の装甲猟兵は、AFS装備部隊と装甲歩兵(装甲兵員輸送車などを持つ)部隊とを区別するために名づけられた。

シュトラール軍の装甲猟兵は「PanzerJager」と、傭兵軍の装甲猟兵は「Armored Jaeger」と表記される。

(備忘録)

セデュース (Seduce)

sed.jpg

(-)
制式名称:不明

傭兵軍の8輪装甲車。
惑星間戦争から使われている汎用装甲車で、兵器のブラックマーケットで大量に投売りされていたものを、装甲兵力に乏しい傭兵軍が買い込み、各部隊に配備した。前線での荒っぽい扱いにも耐え、路外走行能力はホバー車輌には劣るが、それなりに高いものであった。
軽装甲車に分類されるが、20mm級の機関砲弾の直撃に耐えられる装甲防御力を有し、武装も砲塔ごと取り替えることで様々なものが搭載できた。
戦争初期はY-15サンドストーカーとともに装甲部隊を編成し、シュトラール軍の装甲部隊に対抗した。AFS登場後も、歩兵部隊の支援や装甲捜索部隊の主要装備として運用が続けられた。

(初出:HJ社シミュレーションゲーム「SF3DII」 設定:マイオリジナル)

スフィンクス (Sphinx)

sph.jpg

(-)
制式名称:Feld Raketen Werfer 85(Sf)

シュトラール軍の重ホバー自走ロケット砲。
傭兵軍のドールハウスの182mmロケット弾の射程と火力に圧倒されたシュトラール軍は、ドールハウスをアウトレンジできる重自走砲の開発を行った。
射程で上回る火器は大口径の重砲などが存在したが、重量が過大であり機動性を与えることは不可能ではないにしても無駄が多すぎた。唯一要求を満たしたものは、歩兵部隊が使用していた85型野戦ロケットシステムであった。85型が使用する19cmロケット弾は、射程と火力の面で182mmロケット弾を凌駕するものの発射機を含めたシステムそのものは大きく、ドールハウスのような軽車輌に搭載するには問題があった。
最初はPzkw182戦車をベースとしたドールハウスのコピーとも言える車輌が設計されたが、高速で移動する装甲部隊に追従することはできなかった。
そこでナッツロッカーで培われた技術を使った、双胴の大型ホバー車台が設計された。車台は巨大であり、全長・全幅ともにナッツロッカーより一回り大きくなった。車体前方に砲塔が搭載され、4本ずつにまとめられたランチャーを左右2基、計4基16門を装備した。砲塔には3名の乗員とともに砲管制システムや照準装置などが納められ、単独でも戦闘可能なようになっているが、基本的には前線の砲兵観測隊からの情報により射撃を行う。車体後部に予備弾を搭載し、自動装填装置により連続した射撃が可能である。
完成した重自走砲はそのシルエットから「スフィンクス」と名づけられ、各装甲師団の砲兵大隊に配備された。大隊には6輌のスフィンクスと同車台を利用した弾薬運搬車4輌、回収車などの支援車輌が配備された。
スフィンクスの防御力はナッツロッカーのそれを上回り、停戦までに撃破された車輌はわずかであった。

SAFS Mk.II

safs_2.jpg

(すーぱー・えいえふえす・まーく・つー)

特殊作戦用のスーパーAFS
通常のSAFSのエンジンをボアアップし出力を向上、機動力が大幅にUPした。最大の特徴は、背部に装備する着脱式のジャンプジェットで、最大到達高度200m、最大到達距離2kmの性能を持っている。あくまで跳躍であり、飛行は不可能である。
跳躍のためにジャイロが強化され、慣れたパイロットならバク転も可能なほどの機体制御能力を持つに至った。空中姿勢用に胴体前部にファイアボールのものと同型の光学センサを装備している。
2886年1月に生産機が部隊配備され、ファーゼライ作戦で初陣を飾っている。シュトラール軍の地雷原と哨戒線を跳躍で飛び越し、無人兵器指揮所の襲撃に成功した。
その後も数々の特殊作戦に使用されたが、パイロットの多くが燃料の切れたジャンプジェットを投棄してしまうために、ジャンプジェットが不足してしまった。6月には中隊規模で作戦を行うことができなくなってしまい、8月には稼動機は1桁となってしまった。
Mk.IIの生産はすぐに終わったが、改良型エンジンと機体はMk.IIIを生み出すことになる。

(初出:HJ社シミュレーションゲーム「SF3DII」 設定:マイオリジナル)

サンドストーカー (Sand Stalker)

222.jpg

Sdh.232

(えすでぃーえいち・-)

傭兵軍の軽ホバー装甲車。Sdh.222/Sdh.232の2種類がある。
第二次惑星間戦争時に正規品・コピー品を含め大量生産され、銀河各地で使われた傑作車で、どんな条件でも確実に稼動し、前線での荒い扱いにも耐える頑丈かつ整備性の高い車体構造が前線兵士に愛されていた。
戦後、大量に余ったSdhは途上国に譲渡されたり、兵器のブラックマーケットに流れた。ちょうど手ごろな兵器を捜していた地球独立臨時政府の前組織がそれに目をつけ、「辺境での物資輸送用」の名目で大量に購入した。
地球に運ばれたSdhは良好な性能を示し、地球独立臨時政府が成立すると、さらなる購入が行われた。傭兵軍が編成されると、Sdhに慣れ親しんでいた傭兵達はSdhを乗りこなし、オーストラリアの砂漠でシュトラール軍の機械化部隊と戦った。
砂漠を駆け抜け、思いもよらぬ所から襲撃してくるSdh部隊の姿から、両軍ともSdhを「サンドストーカー(砂漠の密猟者)」とあだ名した。
開戦初頭の傭兵軍の主兵力であったサンドストーカーであったが、様々な新兵器が登場するに従い旧式化し、AFSの登場後は補助兵器扱いとなってしまった。そこで主砲の2.3cm機関砲を4cm中間赤外線レーザーに換装し、攻撃力の向上を図った。2884年9月に武装強化型が戦場に登場したが、シュトラール軍の新兵器群の前には通用せず、その後は偵察部隊や、歩兵部隊に配備された。

なお、Sdh222はサンドストーカー[F](雌)、Sdh232はサンドストーカー[M](雄)と区別されている。

シュパウヘンブルク包囲戦

(-・ほういせん)

2885年末から2886年2月に渡って、北米大陸北西部で行われた傭兵軍による大規模反攻作戦の総称。最大の激戦であったシュパウヘンブルク(地球名コーンウォール)市を巡る戦いから、このように呼ばれる事が多い。
当時北米大陸北部での降雪は激しく、装甲兵器の大規模な移動は不可能であり、シュトラール軍は占領した各地の都市を拠点化し、越冬準備を整えていた。対する傭兵軍は、太平洋方面軍ローレンシア防衛グループを中核とする大量の歩兵部隊を投入、各都市を包囲した。
シュトラール軍は反撃に出るも物量の差を埋めることができず敗退、北米大陸駐屯部隊の中心であったノルト戦隊戦闘団も大損害を受け、1万人近い戦傷者を出した。
シュトラール軍は宇宙から補給を行うと同時に、無人兵器部隊をシュパンヘンブルクを中心とするエリアに降下させ、傭兵軍の後方撹乱を行った。この間にシュパウヘンブルクで再編成を行ったノルト戦闘団は、無人兵器部隊の降下と前後して包囲網からの脱出作戦を決行した。第100師団第93装甲機動歩兵連隊と師団支援部隊により編成されたカンプグルッペ・ブリンクマン(指揮官ブリンクマン中佐)等、複数の戦闘団が包囲陣を突破、救援部隊への退路を確保した。これによりシュトラール軍は包囲陣内の兵員およびシュトラール協力者の大半を脱出させることができた。
包囲戦は傭兵軍の勝利に終わり、シュトラール軍は北米大陸北部の拠点の多くを失った。

シュレッケ/シュレック (Schreck)

(-)

シュトラール軍の対戦車ロケット火器の総称。
元は「脅威」「恐怖」を表す言葉であるが、シュトラール軍では直射する対戦車ロケット火器を伝統的に「Panzerschreck」と呼んでいた。そこから兵隊用語として、「Schreck」は対戦車ロケットを指す言葉となった。
シュトラール軍では、歩兵用の8.8cm無誘導タイプや、PKA用の砲口装填限定誘導タイプ、大型機などに搭載される10cmおよび15cm誘導タイプなどがある。
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。