スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸軍中央工廠

(りくぐん・ちゅうおう・こうしょう)

傭兵軍が管理運営を行う兵器設計・生産施設。
北米大陸中南部の岩塩層の地下に作られ、軌道爆撃以外のあらゆる空爆に耐えられる防御力を誇る。入り口周辺の地域は厳重に防御され、シュトラール軍も攻略に至っていない。
主にAFSをはじめとする装甲兵器の生産を行う。
スポンサーサイト

ルナポーン (Luna Pawn)

lunapon.jpg

(-)
制式名称:AFS SA E3C/E3CB

傭兵軍の月面戦闘/作業用宇宙服。
2885年10月に戦線投入したファイアボールの成功により、傭兵軍は宇宙戦力の拡充を開始した。戦力は地球上から打ち上げられ、戦闘後、回収船により月面の基地に送られた。シュトラール軍は月面の傭兵軍拠点を攻撃するために無人兵器部隊を投入した。
無人兵器部隊の迎撃は、送り込まれたファイアボールが担当したが、軌道上の戦闘と月面戦闘の両任務は機体とパイロットに負担となり、稼働率の低下を招き、宙間戦力の弱体化を引き起こした。制宙権が確保できなければ、補給量が低下し、地球での戦いに多大な影響を及ぼすこととなる。この問題を解決するためには月面戦闘専用の機体が必要と判断され、開発に多くの人員と資材が投じられることになった。
月面戦闘用スーツは、各部が簡略化されたAFSであるAFS Mk.IIIをベースにわずか14日で設計を完了した。機体を完全気密化し、与圧システムと断熱材が装甲を削って作られたスペースに盛り込まれた。エンジンは取り外され、代わりに燃料電池とモーター、与圧装置、冷却装置が取り付けられた。胴体内部に載せきれなかった酸素タンクと燃料電池の反応剤は、胴体側面に増設されたバルジ内に搭載された。
武装は低出力エクサイマーレーザーで、反応剤とバッテリーをレーザーガン内部に搭載していた。そのため発射回数は20数回である。
完成した機体はAFSにシルエットは酷似しているものの、実質はゼロ・プレブリージングタイプ(着用に予備減圧を必要としないタイプ)の宇宙服であった。パワーアシストは1/6Gの月面で活動するために限定的であり、地上では満足に動くことが出来なかった。
「AFSSA E3C」(宇宙用AFS E3C)の制式名称が与えられた機体は、試作機は作られずに100機の先行量産機が作られ、2886年1月に月面に配置された。設計開始から配備までが約50日という驚異的なスピードであった。
配備された機体はすぐさま迎撃戦に参加したが、故障が頻発し、戦闘より事故で死亡するパイロットが続出した。傭兵軍の宙戦用スーツは地上型スーツの設計を転用したため機体に余裕が無く、パイロットは気密服を着用せずに水冷服のみで搭乗するため、装甲スーツそのものの故障が命取りとなったのである。
AFSと同様に金属と複合素材で作られた装甲は被弾や転倒などの事故で損傷しやすく、それが致命的となったため、第2ロットから軽量のセラミック装甲が採用された。
E3Cは戦闘のみならず、哨戒任務や建設作業にも使用された。2886年3月には問題点を解消したと言われた改良型のE3CBが配備されたが、事故率はあまり変わらなかった。
パイロットたちは、チェスの歩兵駒のように使い捨て同然に使われるE3Cと自分たちを揶揄して「ルナポーン」と呼んだ。しかし、その後月面戦闘で多くの戦果を上げた名パイロットの多くは、元ルナポーン乗りであった。

(マックロ本をろくに読まずに書いたマイオリジナル設定)

マシーネンクリーガー ルナポーン (1/20スケールプラスチック組み立てキット)マシーネンクリーガー ルナポーン (1/20スケールプラスチック組み立てキット)
(2006/12/23)
不明

商品詳細を見る

レイヴン (Ravin)

ravin.jpg

(-)
制式名称:不明

傭兵軍の中型戦車。
シュトラール軍の緊急展開用戦車のコピーだったY-15軽戦車が、シュトラール軍の中型戦車にアウトレンジされ大損害を受けると、傭兵軍はY-15に代わる戦車の開発に乗り出した。一つは、Y-15の車体を流用し、当時傭兵軍が保有する中で最も強力な兵器であった182mmロケットを装備する自走砲案(後のドールハウス)で、もう一つがシュトラール軍の中型戦車の技術をコピーしながらも、独自に開発するものであった。
こうして開発されたのがレイヴン中戦車であり、レーザー主砲の威力や装甲防御力はシュトラール軍の戦車と十分に交戦可能であった。
2883年初頭に完成したレイヴンは、初期量産車150輌が生産され、主にオーストラリアでそれまでY-15を装備していた装甲中隊に配備された。レイヴンは期待された通りの戦果を上げた。
しかし、2883年6月15日画期的な新兵器であるAFSが登場したことにより、レイヴンの主力兵器の座は閉ざされることになった。生産ラインはほとんどAFSが占有することになり、事前に作られた部品と機材をスクラップするよりは、とわずかながらに稼動させたラインから停戦まで生産車が送り出され続けた。
レイヴンはAFSを装備しない部隊や、ドールハウスの護衛部隊に配備された。

(初出:SF3Dシミュレーションゲーム「オペレーション・ファーゼライ」 設定:マイオリジナル)

ラクーン (Raccoon)

safs_1.jpg

(-)
制式名称:SAFS R

傭兵軍の装甲偵察戦闘スーツ。SAFSをベースに改装され、胴体前部にIRシーカー、可動式マストサイトを撤去してECMポッドを装備している。
エンジンは熱および音による探知を避けるために、冷却器付の防音カバーで覆われ、排気音も大型のマフラーにより静穏化される。
武装は基本的には無武装であるが、任務によってはレーザーアームに換装も可能である。その場合は武装ラクーンと呼ばれる。無武装機でクレーテを撃破したパイロットがいるが、その方法は今でも最高機密となっている。
ラクーンは、SAFS中隊の先導・電子支援機として配備される他、上級司令部直属の偵察中隊、砲兵大隊の指揮観測機、単独潜入の特殊任務機などとして運用される。

ラクーンの登場以後、傭兵軍は偵察用スーツにはRで始まる名前を付けることが慣習となった。ちなみに「R」は、偵察を示す英単語「Reconnaissance」の頭文字である。
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。